確実に借りれる消費者金融

お金

金融会社の審査に通らない理由

消費者金融や信販会社で確実にキャッシングするためには、審査基準をクリアするための条件を備えていなければなりません。そういった条件もないのに借り入れ審査のみ受け続けていても、無駄な労力ですし、審査の際に重要なデータとして活用される信用情報データを汚すことにもなりかねません。

一度審査で落とされたならば、どういった理由で落とされたか再確認してみましょう。もっとも審査で落とした金融業者はその理由を開示することはしませんので、自分で考える必要があります。

ローン一覧

審査のポイント

審査で落とされる理由の大半は以下の項目になります。

  • 過去七年以内に債務整理(自己破産等)をしている。
  • 今の借り入れ総額が年収の三分の一以上ある。
  • 年収が200万円以下

要約すると、現在の借り入れと過去の借り入れ状況、そして収入ということになります。

その他にも審査項目として勤続年数や居住状況(借家&持ち家)、窓口審査なら本人の性格なども審査対象となりますが、審査で重要なポイントは上記の三点になります。

絶対審査に通るためには

絶対審査に通るためには、上記の審査ポイントをクリアすれば必ず通るはずです。もしも審査に通らないのであれば、何らかの問題が発生しているからです。その問題が何なのかを自分で把握して、改善をすることで審査に通る確率が各段にアップするでしょう。

消費者金融は通常、審査で落とした相手に対してその理由を告げることはありません。「今回はご期待に応えられなくて・・・」と回答するだけです。断れたその足で次の金融業者へ融資の申し込みをしても十中八九同じ回答をされて断れれるだけです。

断られた理由を正確に把握して、それを改善しないことには、何度申し込んでも同じ結果になるでしょう。

必ず借りれるという確証

どんなに審査が甘い金融業者でも必ず借りれるという確証は得られません。金庫に融資金が余っているようなサラ金業者なら、多少は審査が甘めになりますし、逆に資金が少ないローン会社は審査を厳しくしてきます。そういった経済の流れも、審査の際に関係してくることを肝に銘じるべきです。

それでも必ずお金が借りたいと考える方は、保有しているクレジットカードの商品枠を利用した現金化、あるいは手持ちの物品を担保に入れてお金を借りる質屋などを利用すべきです。

これらは審査がありませんので、条件を満たせば確実にキャッシングをすることが可能です。ただし、大切なクレジットカードや担保にいれて物品を喪失してしまうことを、想定しておきましょう。

キャッシングの基礎知識